子供の乾燥肌の予防に心がけたいことって何?

子供の乾燥肌の予防に心がけたいことって何?

乾燥肌は、肌の皮脂の量や水分量が少なくなることによって。
肌のバリヤー機能がうまく働かなくなり、肌が乾燥してしまう状態のこと。

 

 

大人でも悩みの種の乾燥肌ですが、この乾燥肌。
最近は子供にも増えているらしんです。
子供のうちでも、とくに幼児から10歳くらいにかけて乾燥肌になりやすく。

 

 

原因としては、皮膚の厚さが大人の半分なのに対し、皮脂が少なく水分量が多いと。
大人に比べてかなり敏感な肌であるためと言えます。

 

 

成長するにつれ、肌のトラブルは少なくなってきますが。
肌のバリヤー機能もまだ未熟なために、とくに幼いうちは、大人以上に肌には気を遣ってあげる必要がありそうです。

 

 

具体的には、入浴の際など、肌に刺激の少ないシャンプーやボディーソープを使うことはもちろんのこと。
長い時間お湯につかるといった行為は、肌の皮脂を必要以上に洗い流すことになり乾燥肌につながります。

 

 

子供が汗をたくさんかいたからと言って、シャワーをしすぎるのも実はあまり良くありません。

 

 

また、気をつけたいのが、手洗い後。
手を洗ったあとは、水気をしっかり拭き取ることも大切です。
自然乾燥にまかせているうちに、肌の大事な保湿性分が蒸発してしまい、これも又乾燥肌につながります。

 

 

そして、子供の爪を伸ばさずにいつもきれいに切ってあげることも忘れてはいけません。
痒みなどで思わず肌を掻いたりすると、肌が傷つきバリヤー機能を崩してしまいます。

 

 

といったことなどを気をつけてあげながら。
あとは刺激の少ないクリームなどでしっかりと保湿してあげるようにしましょう。

 

アクシリオの口コミで、本当に保湿だけで肌が変わるのかを検証!