化粧水には保湿効果がある?ない?本当の効果って何??

化粧水には保湿効果がある?ない?本当の効果って何??

肌のお悩みでよく聞く「乾燥肌」「敏感肌」。
どちらとも肌のバリアー機能が崩れ水分などが不足することで起こります。
乾燥した状態の乾燥肌とかゆみや痛みなどのトラブルまで伴う敏感肌。

 

保湿

 

これらの悩みの解決策として考えられるのが、肌の水分を補い保湿するスキンケア。
そして、その代表の化粧水、と何気なく考えながら。
ふと化粧水の役割について知りたくなりました。

 

 

スキンケアとして当たり前のように使っている化粧水ですが。
本当に水分の補給や保湿の効果があるんでしょうか。

 

 

調べてみると、サイトによって賛否両論。

 

 

まず「化粧水イコール保湿」と考えるのは大きな誤解、とする意見。
「乾燥肌」や「敏感肌」はそもそも肌の機能の崩れた状態。そこにいくら化粧水を塗ったところで意味がない、といったところ。

 

 

大切なのは、洗顔やメイク落としの際、いかに肌の保湿成分を守り、いかに外から保湿成分を補充するか、らしいのです。
なので、重要なのは化粧水のあとに塗る保湿クリームの方なんだとか。

 

 

確に化粧水での潤いは一時的でその後のクリームがあってこそしっとり感を感じるような。
となると、化粧水の役割は、肌を整えてクリームのノリをよくするものという意見が正解のような気もします。

 

 

でも、一方で、最近では化粧水にも多くの商品があって。
中には保湿効果まで期待できる高機能のものもあるとの意見も見つけました。

 

 

さて、こうなると化粧水の役割って?の答えはどうなるか、というと。
「商品によっては保湿効果もあるものの、多くの場合は化粧水・保湿クリームとセットで使ってこそ、保湿効果が期待できるもの。」
といったところでしょうか。